株式会社カノー の食品館アプロはのポリシー

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社カノー の食品館アプロはこのような感じで成長し続けます。株式会社カノー の食品館アプロの生き甲斐は、お客様によってもたらされるものです。お客様が笑顔になってくれれば、FreshMarketAPPROで仕事をしている人たちも笑顔になる事が出来ます。株式会社カノー の食品館アプロで仕事をしている者たちの笑顔は、お客様の満足度のバロメータと思ってください。
そんなFreshMarketAPPROでみなさんも仕事をてみたいと思いませんか。FreshMarketAPPROは理想のスーパーマーケットと、今なら自信を持って言う事も出来ます。他のスーパーマーケットよりも、遙かにお客様を大事にしているスーパーマーケットです。そして、お客様と仕事をしている者たちを繋ぐコミュニケーションとしての手段である商品も当然キラキラ輝いている筈です。今後、更にいろいろな厳しい問題も食品館アプロに降りかかって来る事でしょう。いかにお客様の多様化するニーズに応える事が出来るのかが食品館アプロのテーマです。
株式会社カノー の食品館アプロに同業で仕事をして、転職して来た社員たちは言います。特売企画の発注、販売まで、各店舗がチェーン本部の指示通りに仕事を進めるやり方に不満を以前感じていた社員もいたようです。個店主義による地域密着。FreshMarketAPPROの強みは、ここにあったのです。FreshMarketAPPROは、チェーンとして、更に大きく成長て行くでしょうが、基本精神は、ここにあります。個人個人のあり方で、お客様を地域それぞれで迎え入れる姿勢です。それでなければ、 株式会社カノー の食品館アプロはなかなか、今後のニーズの多様化に対処は出来ないと判断しました。現場それぞれ仕事をしている者たちが、お客様の顔色を窺い、それぞれ臨機応変に対処をします。お客様を現場でじっくり見つめる視線こそ、株式会社カノー の食品館アプロの強みなのです。
株式会社カノー の食品館アプロは、いわばチェーンスーパーマーケットでありながら、個人商店のような構え方をしています。正直に言えば、お客様は、チェーンなどに魅力を感じてなどいないのかもしれません。
チェーンスーパーマーケットには、メリットも存在するかもしれませんがデメリットも存在します。チェーンスーパーマーケットのデメリットを排除して、株式会社カノー の食品館アプロがこのように作られたのです。